スシコマなオキ

<   2008年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

認知症 2

続きです。

興味ない人はシカトよろしく。

親父はコーヒーが大好きだ。

喫茶店で、市場で、家で、1日3~4杯は飲むだろう。
でも、その前に飲んだコーヒーを覚えてないときが殆ど。
多い時、午前中だけで3件コーヒーのはしごをする。
ある日、市場のコーヒーショップで隣の人の買い物袋を自分のものと思ったのか、
大きな買い物袋を2つ持って帰ってきたことがあった。
母に指摘されて親父もさすがにびっくりしていたが、弟があわてて戻って事なきを得た。
冷静になって考える・・・明らかに万引きである。
警察ではなくお袋にケチョンケチョンに叱られていた。
親父は、何故、自分があんな物を持ってきたのか理解できず訳が分からない様子だった。

いまでも、毎日コーヒーを飲みまくっている。


親父は市場人。

思えば開業以来42年間、ひたすら寿司を握り続けてきた人間だ。
勿論 朝から市場に行くのが日課で仕入れを生きがいにしてきた感があるほど市場好き。
しかし、症状が出てからと言うもの 調子の悪いときは仕入れはおろか 
お袋に頼まれる、お使いがままならなくなった。仕入れ原価がぐんぐんと上がってしまった。
頼みもしないものを買ったり、家にどっさりあるにもかかわらず買ってきたり。
そんな風だから、私も弟もだんだんと市場の仕事を親父から離してしまいがちになった。
それが、症状を進ませる要因となったのは事実だとは思うが・・どうしたら。

日毎、ささいなことが繰り返されている。
元気な頃は気にもしない小さなこともクローズアップして。
そして2年前には無かった気疲れが いつも家中に漂っている。
親父本人は何かにつけ 母に叱られ制され監視される日々を送っている。
だんだんと俯き、口数も少なくなって ちょっと鬱(うつ)になっていくみたい・・・
こりゃ、やばいぞってことでなんとかしようと、家族で話し合っても前進がない。
仕事が終わってから 親父のことで話し合いを何度とも無く(ほとんど毎日)しているけど、、
みんな、仕事+生活に追われ、その上、世話の焼ける大きな子どもに振り回される日々・・・
気持ちに余裕が無いから 話し合いって言うより 怒鳴りあいになってしまう始末だ。
(結果、寝不足を引き起こし余計イライラ)


我々はとても人間の生活とは思えないリズムでなんとか守っている店の暖簾。

少なくとも、今まではお互いを尊敬し尊重し優しさでフォローし合っていたのに。
なんともいえない重々しい苦しみである・・・それでも容赦なく朝が来てしまう。
女房は子ども達の朝ごはんを作り私は元気に市場に行き、母もみんな朝から夜まで
ノンストップの一日を駆け抜けなければならないのに。 
いっぱいいっぱいの自分を癒す暇も無く、親父に振り回される日々。

たのむ! 親父、ちゃんとしてくれ!!・・・
[PR]
by sushikoma | 2008-09-20 16:13 | 認知症



スシコマなオキの日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧